お知らせ

沖縄の本土復帰50年に関する党声明

沖縄の本土復帰50年に関する党声明

2022年5月15日
社会民主進歩党代表
鈴木しんじ

2022年5月15日、沖縄が日本の本土に復帰してから50年の節目を迎えました。

先の大戦では、沖縄において激しい地上戦が行われ、大変多くの尊い命が失われました。戦後も、サンフランシスコ講和条約により米軍占領下に残され、人々は多くの困難に直面しました。「銃剣とブルドーザー」と恐れられた土地の強制接収により米軍基地は拡大され、米軍関係者が引き起こした事件・事故により多くの方が被害にあいました。米軍による軍用地接収問題や人権問題の解決を本土復帰により成し遂げようと考えた人々は、祖国復帰運動を繰り広げ、日米両政府の交渉の結果、沖縄は50年前の今日、日本に復帰しました。

沖縄は、本土復帰後、県民の皆さんの不断の努力により大きな発展を遂げました。そして、独創的な琉球文化や美しい海など沖縄の素晴らしい観光資源は常に私たちを魅了し続けています。

しかしながら、「核抜き・本土並み」が宣伝された米軍基地の取り扱いについてはいまだに抜本的な改善が行われず、経済に関しても都道府県ランキングで沖縄の県民所得はほぼ毎年最下位の状態が続き、子供の貧困問題も深刻です。これらの現実は、戦後長きにわたって政権を担当してきた自民党の沖縄政策が失敗であったことを如実に表しています。

私たち進歩党は、①米軍基地の整理・縮小、②日米地位協定の抜本的改正、③辺野古新基地の建設中止、④県外を中心目標とした辺野古代替候補地の早期選定、⑤普天間飛行場の早期運用停止を実現し、県民が安心して暮らせる沖縄を取り戻すことを目指します。その上で、教育レベルの向上、交通インフラ整備など通じて、最低限日本国平均と同レベルまで県民所得を引き上げることを目指します。

進歩党は、二度と沖縄を戦場にしないことを掲げるだけではなく、さらなる発展を遂げた沖縄が平和を象徴する島として世界中の人々から愛される存在になるよう、県民の皆さんと連帯しながら努力を続けていくことを誓います。


PAGE TOP
RSS
Follow by Email
YouTube
YouTube
ページトップに戻る